ポイントサイトで月1万以上稼ごう!人生がより豊かに。
SNS

ラインアット稼ぐ方法や仕組みについて徹底的な解説をした。

どうも!月収100万プレイヤーのゆたほです!

この記事の内容として

ラインアットでお金を稼ぎたい、

ラインアットで稼げる方法を探している

ラインアットではお金を稼ぐことはできるのか?

などいくつかの疑問点を合わせて解説していこうと思います。

LINEの仕組みさえ知ってしまえば如何なる上でも様々なビジネスに応用できると思います。

 

LINE@とはどんなものなのか?

まず、LINE@とはどういったシステムなのか理解していきましょう。

LINE@とはLINEのようにメッセージや配信をしていく便利なツールです。

お店や個人で役に立つような情報を配信したり、時にはクーポン券の配布など、自ら送り届けることも可能です。

メールの用に一回作ったメッセージを瞬時に送り届けることができ、やり方によってはLINE追加後に自動配信も可能です。

 

また一斉配信にも特化しており、個別にもできますので、ドライなところはドライです。

どちらが使いやすいかは利用者とお客さんの繋がりかたによっても変化していきます。

種別に合わせて利用できるので比較的オールラウンドに扱えるツールです。

個別にトークもできるのでお客さんとの一対一のやり取りも行えるんですね。

 

LINE@で使える内容や機能面について

LINE@で使える機能について説明していきます。

メッセージの一斉配信

メッセージの一斉配信。

これこそがLINEのメインとなる機能の1つです。

すでに友達リストに入っている読者にまとめて配信が可能です。

100人なら同じ時間に配信。

1000人なら1000人にと…一斉に配信できちゃう。

ボタン1つで一気に送れるので、何か大事な告知であったりセールスを仕掛ける上でも役に立ちます。

クーポン券の配布とか、LINEスタンプを送って和やかなムードを作ったり、アンケートをとってみたり、画像を送ってみたり…とかですね。

文章と画像をいっしょに送るパターンも結構多いです。

そして反応もめちゃくちゃ高くつくので、メッセージを見たお客さんから何かしらのアクションが返ってくることもありますね。

また、一斉配信ではリアルタイムでも投稿できますが、時間に合わせて事前に予約できる機能があります。

個人的にはメッセージを送るタイミングがはかれる予約配信が理想だと思っています。

最初に送りたい文章を用意しておけばあとは、指定した時間に一斉配信。

読者さんからすればこの時間にくるのー?って思う内容でも配信側からしてみれば余裕なわけです。

プランによっては送れるメッセージの数と、オプションが違ってきますが、

無料プランで使う場合でも殆どの機能は使えます。

チャット機能

LINE@では友達に追加された人と一対一のやり取りが可能です。

プッシュ送信で疑問に思ったお客さんからの質問メッセージだったり、

テキストではわかり得なかった事を電話でお話したいとか、数多くの要望に繋がっていくのがチャットによる機能です。

チャットは一人一人とトークができるので、普段は関わりのない人でも文章で語り合えます。

もし不可解な発言や迷惑に繋がるようなことがあれば配信側の方からブロックしたり遮断することも可能。

特に話が通じない、話にすれ違いが生じる場合はこちらからブロックしてもいいので、使い方として本当色々です。

嫌ならブロック、必要であればその時はしっかりとしたメッセージのやり取り…

ってな感じで管理はしやすいです。

一対一のやり取りがしたくない場合は設定でOFFにしておけば大丈夫です。

必ず一対一の機能が役に立つとは限りませんので、その環境に合っている使い方をしていきましょう。

LINE@用のホームページ

アカウントページとも言われてます。

アカウントページではデザインを変更したり、プロフィール画像を弄ったり、アカウントの名前も変更することができます。

クーポン券の表示や、写真登録、位置情報のアクセスを登録したり、営業内容について編集もできる。

誰かアルバイトやパートを雇いたいなら求人ページとして設定することもできます。

 

タイムライン機能。

タイムラインで一斉配信と違って、新規のお客さんにもまとめて情報を目にすることができます。

Twitterでいう固定ツイートみたいな例えです。

一度公開したタイムラインは消さない限りずっと残すことができますので、大事な重要事項を書いておくのもいいですね。

LINE@に追加してもらった時のメッセージでタイムラインも見てくださいと伝えておけば、

新規のお客さんが必ず目を通してくれると思います。

タイムラインはテキストや画像として残せるので、ここぞという時に使っていきます。

ショップカード

買い物をしてもらって10回目で10ポイント、1000円割引…みたいな流れで、クーポンのようにお得になるカードです。

企業によっては使っている所も多いです。

 

LINE@とLINEは何が違うのか

LINEとLINE@みかけはおなじようにしか見えませんが、通常のLINEでは友達や家族、知人などとやり取りが行えるツール。

LINE@ではビジネス用として使えるツールと分けて貰えれば分かりやすいです。

個人よりはLINE、LINE@は株式会社とかの法人や企業向けに使われていると思ってください。

例えば大手の業務スーパーを例にしますが、お店に入って買い物後、近くにLINE@の宣伝がされています。

これはお客さんのリストを集める為にやっていることで、お店に対しての宣伝活動を行っています。

他にもすき家の牛丼なんかはLINE@に追加してもらうとクーポン券の配布をしていますよね…。

更にはカウンセリングに関わっている人達や、美容サロン経営している人達もLINE@を利用しています。

お店の中や受け付けなどわかりやすいとこに配置している場合が多いです。

 

…といったようにLINEとLINE@は完全に別物だと思った方がいいです。

LINE@の方がツールとしての魅力も使える機能面でも幅が広く、一人の顧客に対して全員に配信ができるので一回配信する労力が一定で済んでしまいます。

また、ここ近年ではLINE@は企業向けに扱われていたのが、個人でも参入できるようになりました。

このお陰で個人でも商売として役立てたり、生産能力の強化など様々な点で役にたっています。

LINE@はひとつのアカウントだけでなく、複数のアカウントを持つことも可能です。

複数あるってことはひとつのIDでアカウントの使い回しがいけます。

例えばひとつは物販アカウントにして、もうひとつは副業向け情報発信の為…みたいな使い分けです。

複数作っても料金はかかりませんので、中には5つ以上も所持している方がいるようです。

料金プランが存在する。

LINEでは無料でアカウント作成が行えますが、LINE@ではアカウント作成後、運用方法の仕方によっては月額料金を支払っていきます。

お金がかかる、かからないかで判断すればいいと思います。

 

LINE@のメリット

LINE@には大変便利なメリットがあります。

まず、一つのスマホやPCで沢山のアカウントを持つことができます。

あとメール配信によるメルマガよりも、配信の到達率が非常に高いです。

メルマガだとメールアドレスを送らないと配信されるようになりませんが、LINE@ならお客さんがLINE追加ボタンを押すだけで簡単に追加がされます。

気軽さと通常のLINEと一緒で怪しさが少ないこと。

ワンタップ追加なので芝居が低いこと。

そしてこちらから配信する際にもLINEと似たようにメッセージが流れるので、不自然さが無いのと、やはり難しくない事ですね。

小学生でもわかるくらい簡単で理解しやすいです。

IDで検索する人もいますが、どちらかといえばLINE@のボタンタップですぐ追加できるので

読者を集めやすさはトップクラスだと言えます。

 

スマホとの相性がよい。

LINE@はスマホとの相性がとっても抜群。

今や、日本ユーザでもLINEアカウントを持っている人はほぼ、全員って位います。

3人に一人か、二人に1人位の割合で普及されています。

ラインアカウントを持つのが当たり前になっているので、LINEを知らないって人の方が珍しいのではないでしょうか。

それだけ認知度が高く、スマホの普及率も年々増加傾向にあるのですから、使っている人が圧倒的に多いです。

 

ネットを利用しているユーザだらけですから、当然スマホとLINE@との絡みは極自然な流れだと思います。

売り上げに繋がる。

商売をする上で掻かせないツールとなってしまいました。

顧客リストがいればいるほど単価が上がり、100万でも1000万でも売り上げられる可能性を秘めています。

結局はリストが大量に集まりさえすれば、無駄に売り込む必要がありませんので、

安定感のある売上となります。

ファンが増えれば反応がよくなる。

LINE@に追加しに来るユーザーは反応が悪いかと言えば、かなり良いです。

これは既にLINE内のSMSで電話番号登録をしているのでメールよりも個人との繋がり方がより強くなっているからです。

メールアドレスよりも電話番号の方が信頼性においてもだいぶ違ってきます。

むしろ電話番号の方が勇気がいるものですから、しっかりリストを取れれば信頼関係の構築はずば抜けて高くなります。

 

統計情報

LINE@もマーケティングをおこなう為では必須のツールです。

より高精度の高い売上を出すためには配信後、配信前の情報が大事になっていきます。

主に統計情報というものが備わっており、毎日の登録者数の分析や、配信後の反応した数のデータ~などしっかり分析を行っていくことで改善を目指していきます。

 

LINE@のデメリット

LINE@にも一応デメリットがあります。

それはリストが取れないとメッセージ配信しても意味がないこと。

配信を見てくれるお客さんがあってこそのLINE@です。

機能は優秀で、初心者でも開設することができたとしても、次なる問題に立ちはだかるのはリスト集めです。

これが結構苦しくて、何をどうしたら人が集まってくるのか難しい部分でもあります。

また、有料プランを使えれば問題ないですが無料プランの範囲内で使用してしまうと、若干のブレを感じることでしょう。

無料版だと配信数に制限がかかってしまうため、大きい会社で回している人には使いにくいと感じてしまうかと。

そしてLINE@では管理がLINE側の方でなされています。

仮に利用規約に触れるような使い方をしてしまうと、アカウントを剥奪されてしまう危険性もあるってことです。

攻撃的な使い方をしないことと、LINE@に追加してくれたユーザーがブロックしてこないよう努めること。

格安スマホの年齢制限

最近では格安スマホも流行ってきており、安い端末料金を使用して契約するユーザーも増えています。

そこで格安スマホによるLINEだと年齢認証が通らない場合もあります。

auやドコモといった最大手の契約したスマホなら電話認証があっさり行えますが、

格安simですと、料金が安い反面複雑な所も多く、LINEの年齢認証まで辿り着けない場合があります。

なので格安simを使っているユーザーはLINE@に入りたがらない可能性も少なからずあるってことです。

普通はそんなことないと思いますが、可能性としては0ではありせん。

LINE@を使ったマネタイズ方法

LINE@は単体でつかってもいいですが、他の媒体やSNSと併用することで大きな効果として表れてきます。

いきなり始めるとイメージがわかないと思いますが、ざっくり説明していきますね。

LINE@×ブログ

LINE@の配信の中にブログを取り入れる方法。

何かしらに特化したブログであればおすすめしたい記事を宣伝としてやんわりと紹介していきます。

買ってくださいとか強引に押し付けるのではなく、あくまでも紹介する程度に留めておきます。

ブログ記事を通しての紹介なので、クリック率は低くなるかもしれませんが、

元々LINE@にいる読者さんはすぐに届くようになっているので、かなり反応がいいと思います。

どんなユーザーのタイプがLINE@にいるか調べておき、その属性に合う記事を紹介するのがベストでしょう。

ジャンルを全く異なるものを紹介しても噛み合わずただブロックされてしまうだけです。

LINE@×YouTube

LINE@にいる読者さんが多ければYouTube動画と連動する方法もあります。

動画コンテンツはリアルな映像と共に共感を生みやすいのでこれまたユーザーからの反応が大きいです。

LINE@を通してYouTube動画をはり、Googleアドセンスなどによる広収入で売上出すことだって出来ます。

動画はこれから先未来も伸びるジャンルですので、LINE@がうまくいかなかったとしてもYouTubeのアカウントは育てておくべきです。

LINE@×インスタグラム

インスタグラムでフォロワーを集めながらLINE@にリストを集めて売上に繋げていきます。

メインとなるのはインスタのアカウントになりますので多くの人が訪れてくれるような理想の形として作り上げていきましょう。

フォロワーを集めていくのが、課題になりますが、有料ツールや自分からのブランディングのやり方次第では大きく集めることが可能です。

LINE@×Twitter

140文字の呟きはパワーが、小さいかもしれませんが、伝えることだけをダイレクトに届けるようにして発信していきます。

ツイート後の分析がとにかく重要です。

Twitterのツイートやハッシュタグから検索されてくるユーザーもリストとして取っていきます。

年齢層が比較的若い方が多いのでジャンルをしっかり絞った方が反応を得られやすいです。

Twitterは約4000万人が使用しているプラットフォームです。

何かしらのビジネスチャンスが多いと考えれば、経営者ならぬ個人でも十分な利用価値はあるといえます。

無料で使えるsnsのなかでも使い勝手がしやすく、拡散機能を持っているので高度なスキルも必要なく配信が出来ます。

 

LINE@ではアフィリエイトが禁止されている?

LINE@ではアフィリエイトリンクを直接貼って紹介するような方法は禁止とされています。

必要以上に関係のないものを配信するのは利害だけでなくユーザーにとっても不利益を生じる場合がありますので、

原則ダメになっています。

利用規約としてokとされているのはブログを通しての紹介だったり、

YouTube動画を視聴する形として紹介するパターンです。

この場合直接アフィリエイトリンクを貼るのではなく、ワンクッションおいているから大丈夫なのです。

LINE@の登録者数が1000人とか越えてからアカウント取り消しは洒落にならないので気を付けていきましょう。

 

LINE@を使う上で重要なこと。

LINE@ではしっかりとした軸を持って集客に徹していかないと成果までに時間がかかります。

大手企業なら広告費を運用していくので勝手に人は集まってきますが、

個人で何かビジネスをやる場合ですとリスト集めに苦労すると思います。

結局根本的に関わってくるのは集客ですので、人が入り込むためにはどうすればいいのか…

原理をしっかり学んでおくことが大切になっていきます。

集客はどのビジネスでも重要ですので、LINE@だけではなく今回をきっかけに他の集客媒体も学んでくる必要がありますね。

 

月収100万円達成!無料のメールマガジンが読めます!

今なら無料メールマガジンが読めます!

田舎で育ち、大した学歴もコネもない。

家庭環境もよくないけど、学校では一切教わらないビジネスも、必死こいて頑張ったら以前より人生が楽になりました。

私は元々才能もセンスもあったわけではありませんが、 ネットを利用した新しい働き方で経済的にも楽になり、心にも余裕が出来るようになっています。

まさにbefore→afterな生き方です。

貧乏時代からの経験や失敗。

0の状態からどうやって成功するようになったのか…。

私の無料メールマガジンはストーリー形式にて詳しく公開していますので是非読んでみてください…。

メールアドレスを入力だけで見れるようになっています。↓↓↓↓↓↓

頑張る働き方はもう止めよう…無料メールマガジンを読んでみる↓

 

ABOUT ME
ゆたほ
ゆたほ
2016年からネットビジネスに参入。アフィリエイト収益は月100万を突破。既に1000万以上の収益を出すことに成功しています。稼ぎ方、考え方、役立つことを発信します。 無料メルマガも読めます↓↓↓↓
月1万円以上稼ごう❗初心者におすすめのポイントサイト
ランキング1位 モッピー
累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!
東証一部の上場企業。安心してポイントが貯められる。貯まりやすさもテンポよく王道的なポイントサイト。
評価
運営会社 株式会社セレス
ポイントレート 1p→1円
最低換金 300円~

モッピー公式ページ

 

ランキング2位 ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ポイント還元率が高い。オンラインショッピング、通販との相性がかなり良い。有名なお小遣いサイト。買い物しながらポイントが貯まる。
評価
運営会社 株式会社オズビジョン
ポイントレート 1pt→1円
最低換金額 300円~

ハピタス公式ページ

ランキング3位 ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
東証マザーズの会社。とにかく安心、安全、お得がモットーのポイントサイト。20年以上の実績を誇る。会員ランク制度やお得なキャンペーンも目白押し。
評価
運営会社 株式会社GMOメディア
ポイントレート 20pt→1円
最低換金額 100円~

ポイントタウン公式ページ