ポイントサイトで月1万以上稼ごう!人生がより豊かに。
ビジネス

憧れノマドワーカー…実は怪しいと言われているが誤解だった件

どうも!ゆたほです!

ネットが盛んになってきた頃合いの中、未だにノマドワーカーに対しての批判とか中傷とかが目立っている気がします。

でも今後、旅行とか趣味とか好きなことをしながらネットのみで生活する憧れは増えていくと思います。

日本のブラック企業のような古い働き方に今の若い人たちが適応していると思えませんから…。

憧れで眩しさを感じるノマドワーカーという生活スタイル。

中にはノマドワーカーって怪しいんじゃないかと疑う人もいるようです。

かれこれ私もPC1台で収入を得るとかあり得んと思ったし、嘘だと思っていました…。

この思考こそが現代人に多い勘違いで、実際にその世界を知れば知るほど理解できるようになります。

というか、ノマドワーカーというジャンルはかなり広いジャンルですので、別に変なことをしているわけではありません。

YouTuberもノマドワーカーの一つです。

中にはねずみ講のようなものもありますが、一般的には柔軟で生き生きとした働き方そのものです。

結論から申し上げると今や常識外れな働き方が存在していて、ノマドワーカーという働き方は実在します。

怪しいなんてこともなく外で活動しながらも収入を得て生活している人はかなりいます。

サラリーマンとして長く勤めている人ほどノマドという働き方を知りません。

会社員で仕事をする…のが当たり前で育ってきたので、価値観はそう簡単に変化できないのが理由です。

実は私もプチノマドみたいな働き方をしています。

そのおかげで、外の世界を知ることができたし、新しい価値観を手にすることもできました。

ノマドワーカーっていいものですよ。

ノマドワーカーとは何か?

ノマドワーカーについて説明。

ノマドという言葉が広まり始めたのもネットが普及されてノウハウが蓄積された2010年頃から。

あるときはスーパーノマドとか、デジタルノマドとか言われていましたが、

最近ではノマドワーカーでひとくくりにする人も増えました。

フリーランスにも似ていて、会社員に属さず好きなことをしながら収入を得ていくイメージ。

あるいはノードパソコン、スマホ、タブレットを駆使して外で移動しながら仕事をする人。

私なりのイメージではPC片手に世界を飛び回るとか、旅行をしながら自由な生活スタイルを理想としている…ですが、別に世界に出なくてもネット環境が届いているところなら全部ノマドだと感じています。

ノマドの中の働き方は実に様々です。

 

ブログで収入を得ている人達。

ブロガー、ブログ運営者、アフィリエイターなど。

ブログの記事を書きながら生活をしていくスタイル。

インフルエンサーのような発信をする人達もいますし、広告収入のみで生活している人だって珍しくありません。

アクセス数が増えていけば徐々に収益が伸びていきます。

ブログはPCとネット環境、ドメイン、サーバーさえあれば、少ない費用で始めることができます。

赤字になるリスクがとてつもなく少ないのとランニングコストが猛烈に低い。

文章を書くことさえできればまずスタートを切れます。

あとは継続して記事を書いていくのでアフィリエイト収益が入ってくればあとは好きな時間も作れます。

 

Webライター業

記事を書いてお金をもらうお仕事です。

書いた記事をWordなどで納品して報酬を受けとります。

ブログの延長で行う方もいれば、単価上げて、専業でやっている方もいます。

クラウドワークスやランサーズでも仕事が貰えます。

ネット内で完結するのが何よりの魅力です。

ランディングの知識があればすぐに行えます。

というか、書くのが仕事ですのでブログの知識がいらないって所も良い点です。

 

インスタグラマー

インフルエンサーと同じような仕組みでフォロワーに対しての収益がもらえます。

企業から案件をもらったり、自分でブランディングができるのが特徴です。

フォロワー依存になりますが、専業もいれば復業として行っている方もいます。

スマホ一つで作業も出来るのでノマドっぼさというか、かなりフリーな感じです。

フリーのエンジニア

会社に属さずフリーランスとして働くエンジニアです。

プログラミングのスキルを持っていればクライアントと提携したりして自ら価格の交渉が行えます。

webデザインやコード、セキュリティー関連など、ネットで完結するお仕事があります。

プログラミングの知識がないと何もできませんが、

自分からどんどん吸収して独学で磨いた人もいるようです。

ビジネスコンサルタント

コンサルタントはweb系も中心にあります。

外回りしながら仕事をして契約をとっている所もあるので、半場ノマドワーカーに近いです。

コンサルタントといってもそこからのジャンルが非常に多いですが、PC1つあれば出来るものもある為、結構単価は高い。

相手に価値のあるノウハウを提供するので、その場限りの仕事ではなく、長い時間を掛けて構築していきます。

アプリ開発者

アプリを作ってそこから広告費を貰ったり、育ったアプリ事業を売却して収入を得ていく。

アプリを作るための必要な知識がいります。その為、身に付けるにはかなりの難易度。

その代わりパソコンで作業ができるので場所に縛られない働き方が可能。

web関係は共通して言えますね。

 

Webデザイナー

企業のHPをデザインしていったり、サイトに絡むもの全てにデザイナーとしてノウハウを注入していきます。

ネットが発達しているのに企業の中にはまだまだアピール不足な所もあります。

そうした老舗のホームページをわかりやすくリニューアル出来ることがwebデザイナーとしての役目です。

需要は勿論ですが、ネットで構築できるのも良いところ。

Webデザイナーは単価が高くないので、単価をupさせられるような取り組みが重要です。

 

ノマドワーカーで働いている場所。

ノマドワーカーとして働く場所は特に決められていません。

例であげるなら、ファミレス、ネットカフェ(自由空間、)、スタバ、TULLY’S COFFEE、トドール、サンマルク、コワーキングスペース、コンビニイートイン、ビジネスホテル、旅館、とか、働く場所なんて決まりはありません。

広くても狭くても場所は好きなように動いていいのです。

中でも使いやすいのは大きいチェーン店のカフェです。

おすすめはスタバやTULLY’S COFFEE。

スタバだとお客の混雑状況が常に大きいので入れ替わりが激しい分、席に座れるかわかりせん。

仮に席に座ったとしてもお客さんの声がうるさく作業に集中できない可能性もあります。

どっちかといえばスタバ以外のカフェで作業した方が集中できるかもしれません。

カフェなら時間の制限にうるさくない所も多いので、飲み物一杯で過ごせます。

ワンコインで消費する代わりに集中できる環境が与えられるので、嫌でも作業するようになります。

その結果より大きなお金を産み出してくれる…って考えです。

また、経費を旅行代に絡ませているノマドワーカーさんであれば、高級なホテルや旅館に泊まりながらゆっくりパソコンで作業をしていく様子も伺えます。

自分だけの空間が作れるので人の目を気にする必要もありませんし、生産性も高まります。

気が向いたら外で涼しい風に辺りながら公園でパソコン開いたり、お洒落な海の近くで作業するのも憧れますよね。

あるいは旅館で温泉に浸かってゆったりしながら作業をしている方もいます。

その場合は温泉でリラックスしすぎて作業がおろそかになっしまう…なんてことも考えられますね。(笑)

ノマドワーカーが最高なの理由として場所による環境がかなり強いです。

私もよくカフェで仕事をしていますが、1時間2時間しかいないのに自宅より何倍も作業がはかどります。

 

ノマドワーカーが怪しいと言われてしまう理由について。

そんな夢のあるノマドワーカーですが、怪しいと言われているのも事実です。

うさんくさいのもあるでしょうが、ほとんどの人は仕組みを知らないからです。

パソコン弄って収入を得るとか昔ほどではありませんが、怪しさは薄れた方だと思います。

逆にパソコンがあれば会社員以外の仕事ができるのでむしろ、怪しさなんてどうでもよい。

やったもの勝ちです。

テレワークや在宅ワークがやっとこ広まったおかげでもあります。

ちょっと残念だなって思うのは、ネット副業が未だに詐欺扱いされていることです。

ネットで収入を得ることに対して批判的な人は、実際に行動に移していないか、もしくはやり方を知らないか。

商品の流通はリアルでの販売ではありません。

女性の求める美容品とかネット通販が主流になっているし、ライブのグッズや、限定商品などネットでしか買えないものあります。

ましてや自分でネットショップを運営している人はこうやって他人を批判したり、ぶつぶつ文句をいっている間に売上が立っているのです。

空しいですよね。

何も明日100万稼げるとか秒速で1億稼ぐとかそんなデタラメな話ではありません。

ノマドワーカーで一億稼ぐ人がいても何とも思いません。

私もこれまでにノマドワーカーという働き方については幾度なく疑問に感じていました…。

ポチポチするだけで100万?クリック1つで1000万?そんな話あるかよ…で済むのですが、

ちゃんとやり方を知ってどのような仕組みで回っているのか勉強すると…ああなるほどな…ってなるんですね。

我々が思っているほどノマドワーカーはバカでもアホでもありません。

しっかりとしたビジネスモデルをもち、景気に左右されないように日々新しいことに取り組んでいます。

アフィリエイトも同じような例ですよね。全くの無知な状態なら怪しいとか、胡散臭いで終わるんですが、

しっかり知識を取り込んで学んだら怪しいとか嘘だったことがわかります。

アフィリエイトって成果報酬です。

成績が残せない人達だけで文句を言い合っていて、今現在の環境で生きのこっている人達は継続的に稼いでいます。

考え方の違いもあるでしょう。

特に会社勤めの人のマインドを覗いてみると、

仕事は協力して実績を上げるもの。

上司の命令を聞いて、言われた通りに業務をこなすこと。

働くことに対しての報酬が当たり前だと思っていること。

しかも苦労話が自慢になったり、精神論で片付けられていることが多かったりします。

「会社員が絶対だ。会社員こそが安定してボーナス貰って、それで好きなことができる。会社に属さないなんて仕事ができない人」

みたいな固い考えをお持ちです。

田舎でしたらもっと厳しい意見が飛んでくるんじゃないですかね。

ノマドワーカーです!と披露したとたんに冷たい視線を浴びそう…。

都会の方だとパソコン広げて仕事している人多いですけどね…。ちょっとした意識の差です。

ノマドワーカーの収入源、仕組み

ノマドワーカーの収入って一体どのようにして稼いでいるのか気になりますよね。

収入がいくつものに分散されていたり、一つの仕事が大きく延びていて、それに対して掛け持ちしている…なんて人もいます。

Googleアドセンス

Googleが提供している広告収入ですね。

主にブログやYouTubeでの案件に使用されます。

流石Googleという位、審査までの道のりが厳しく、なかなか受からない人も多いのが現状です。

私も広告の審査を受けるまでに5回くらいは通して失敗しまくりました。

中には何十回も挑戦しているけど審査が全然通らない人もいます。

上手く通るようになればアクセス数に対しての収入が入ります。

ブログだと1クリック20円~。

YouTubeだと、大体1再生0.1円とも言われていますよね。

 

オンラインサロン

ネット内の課金サービスの一部です。

ファンクラブのように楽しむものに対して、コミュニティ内での知識を提供し合うなど、使い方は実に色々です。

有名人が運営しているイメージもありますが、個人でコツコツ媒体を育ててきた人にもチャンスがあります。

オンラインサロンはサブスクのように毎月一定の収入が入るビジネスモデルです。

ファンが一気にいなくならない限り、継続的なストック収入が入ってきます。

コーチング

ネットで得た知識を利用して本人の悩み事や不安に思っていることなどコーチングのような形で教えていくスタイルです。

一回いくら、月額、あるいは一年間で何円ですみたいな…教える立場である故、結構高額であることは普通です。

お客さんとしっかりコミュニケーションが取れている人なら向いている仕事でしょう。

バリバリの会社員営業マンが、フリーになってネット内のコンサルタントに転身したって話を聞いています…。

電子書籍

これ一本で食べている方はあんまり例にみませんが、複数の収入源の1つとして利用している人も多いです。

本を電子化することにより、在庫を持たず継続的に本を売れていく仕組みが出来上がります。

ハンドメイド

個人で作った作品を商品として販売する方法です。

商品を売るという視点ではとてもシンプルに考えられていると思います。

ハンドメイドは商品作成に時間がかかってしまうのと、売れたあとの発注作業に手間がかかりそうです。

月5万10万程度でしたら何とか生活の足しになるので、アルバイトをしながらハンドメイドを行っている人もいるようです。

 

漫画家

漫画は人気が出始めてからが本当の勝負です。

それまではひたすら積み上げながらの作業が続きます。

漫画家として食っている人は最初からフリーで働こうとは思っておらず実績がでるようになってからその道に行っていると思います。

海外でも漫画書きながらノマド化している人がいます。

クラウドソージング

業務委託のクラウドバージョンです。

ネット内で仲介してお仕事、案件を受注する仕組みです。

単発で仕事が行えるので、フリーで働く人も利用しています。

ランサーズやクラウドワークスなどでスキルに沿った分野で仕事をして収入をえる。

ノマドワーカー必須の持ち物について。

ハイスペpc

マウス、

Wi-Fiルーター

大容量モバイルバッテリー

USBケーブルメモリ。

ワイヤレスイヤホン、長時間使えるもの。

など。

ノマドワーカーは物が特別多いなんてことはありません。

必要最低限の持ち物があれば仕事が出来るので、それよりストレスのない作業スタイルを確立していきます。

 

ノマドワーカーとして働くことのメリット

働く場所はとにかく自由です。

会社で何時間働いていつまで働かなくてはならないとか…そんな決まった時間的拘束がないので楽です。

通勤もいらない、満員電車に揺られることがないので行き先は自分で選べます。

うるさくて作業にならないのなら、別の場所に移動すれば解決だし、旅しながら仕事ができるのも魅力のひとつ。

上司ガチャとか、理不尽な叱り、無理な残業とか休日出勤とかもありません。

好きな時に休んで、好きなように行動できる。

それがノマドワーカーという働き方です。

ノマドワーカーのデメリット

時間管理能力がないと、すぐにだらけます。

作業しないと収入にならないなら、手を休めれば収入は減ります。

リアル自分の貯金イコールHPみたいなもので、貯金が全部底をついたらゲームオーバーです。

いくら時間に自由があるからといって月の収入が安ければストレスフリーな生き方をするのは無理があるでしょう。

最低でも生活費以上のお金を稼げるようになるまではノマドワーカーとして働くのは苦痛でしかありません。

ノマドで働いてる人の多くは複数の収入源を持ち、どこか崩れてもいいように対策をとっています。

ノマドワーカーはスキルが無しでもできるのか?求められるものとは?

ノマドワーカーはスキル不要です。

しかし、序盤は誰でも学ぶことはありますので、一番最初だけ必死こいて勉強するようにしてください。

ある程度知識が身に付いてきたら嫌でも適応できるようになります。

最初は大雑把にノマドワーカーになるのではなくプチノマドワーカーとして週に1回程度外で仕事をしてみるといいでしょう。

いい気分転換になると思います。

 

会社員は隙間時間を狙ってノマド化した方がいい。

会社員こそは復業をした方がいいでしょう。

もう会社に雇われて働くような時代でもありません。

大手企業に勤めている20代30代は今何を考えいるかというと、会社に一生雇用されていたいと思っていません。

皆全員が別の働き方を想っているはずです。

副業をしろと国は言わなくても、将来的な不安が押し寄せているのですから、格差社会はどんどん迫ってきています。

やらないとマジでヤバイです。

別に副業を全押ししているわけではありません。

我々はマルチプルワーカーのように多業種に適応出来る人間になっておかないと、

この先時代的にも通用しませんよって、言われているのです。

ってことでお話していきましたが、働き方を変えていけば人生楽になると思っています。

空いた時間を何処にストックするかで人生決まったようなものです。

いまの現状に満足せずもっともっと自分を磨いてみて下さい。

やればなんとかなるものですよ…。

ABOUT ME
ゆたほ
ゆたほ
2016年からネットビジネスに参入。アフィリエイト収益は月100万を突破。既に1000万以上の収益を出すことに成功しています。稼ぎ方、考え方、役立つことを発信します。 無料メルマガも読めます↓↓↓↓
月1万円以上稼ごう❗初心者におすすめのポイントサイト
ランキング1位 モッピー
累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!
東証一部の上場企業。安心してポイントが貯められる。貯まりやすさもテンポよく王道的なポイントサイト。
評価
運営会社 株式会社セレス
ポイントレート 1p→1円
最低換金 300円~

モッピー公式ページ

 

ランキング2位 ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ポイント還元率が高い。オンラインショッピング、通販との相性がかなり良い。有名なお小遣いサイト。買い物しながらポイントが貯まる。
評価
運営会社 株式会社オズビジョン
ポイントレート 1pt→1円
最低換金額 300円~

ハピタス公式ページ

ランキング3位 ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
東証マザーズの会社。とにかく安心、安全、お得がモットーのポイントサイト。20年以上の実績を誇る。会員ランク制度やお得なキャンペーンも目白押し。
評価
運営会社 株式会社GMOメディア
ポイントレート 20pt→1円
最低換金額 100円~

ポイントタウン公式ページ