ネット副業で月100万達成!ゆたほのメールマガジン

頑張る働き方はもうやめよう。ゆたほのメールマガジンでは貧乏時代から月収100万円に成り上がるまでのストーリーを無料で読むことができます。稼いでいる人の裏話とか、控えめにいって面白いメールマガジンとも言われています。

メールアドレス入力で読むことができます。

いつでも好きなタイミングで解除できますので必要に応じて購読下さい。

↓今なら30万相当のノウハウもプレゼント中です!↓

無料で読んでみる

働き方改革

社畜を辞めたい社畜の副業のすすめ。

どうも!月収100万プレイヤーゆたほです!

社畜をやめたい人ここに集合。

本気で人生を変えたいならこの記事を全文見てもらえれば答えがわかります。

この記事を見れたあなたはラッキーですね。

まず結論と致しまして、今すぐに副業やらビジネスをやりましょう。

時間は有限です。一度失った時間はお金をいくらはたいても返ってくることはありません。

時間こそ財産。

月収15万で1日12時間勤務とか、休日が月に1日しかない…あるいは有給休暇を全然とらせてくれないとか、会社のブラックさ加減にうんざりしている人も多いと思います。

私も過去にはブラック企業で安い賃金を貰いながら生活をしていたので気持ちは痛いほどわかります。

既にビジネスを行っているので社畜脳から逃れていますが、

気づくのがもう少し遅くなれば、毎日のように後悔をしていたことでしょう。

特に三年働けという謎の根拠から違和感を感じとることもなく何年も働き続けると、

いよいよ社畜へと進化していきます。

昔のようにいい大学に出て大企業に入るだけではまともに給料も上がらないし、年々頑張って働いても給料が増えていく保証なんてありません。

45歳から急に解雇されたり、大企業ですらいきなり経営悪化して閉める可能性だってあるわけです。

おまけに、会社のいいなりになったって所詮は会社のブランドを借りている側です。

あなたが社畜化してしまったらこの世界から一向に出られなくなり人生への楽しみが減ってしまうかもしれません。

今回はこの社畜について話していきましょう。

おまけに社畜から逃れるためにすることもお伝えしていきます。

 

 

社畜だなって思う人の環境について

まず知らなくてはならないことは、あなたの社畜が現状とどのくらい当てはまっているかによります。

少しでも心当たりがあるようでしたら、もれなく行動した方がいいので先に言っておきます。

昇給がない会社にいる。

昇給といったら通常は年に1回、給料の1%から3%くらいが妥当ってところでしょうか。

昇給でもあんまり上がらないのに給料すら1円もあげてもらえないとか、あなたに問題があることよりも、会社の経営側に何かしらの理由があります。

売り上げが少ないとか、そもそもの資本が低い、利益率が低い、人件費の圧迫…会社が儲かっていない…とかいろんな理由が含まれています。

会社で働いているのに給料が上がらないのはもれなくヤバイと思った方がいいでしょう。

月15万を給料の上がらない会社で10年以上も働くとか地獄でしかありませんね。

ボーナスがない会社で働いている。

ボーナスが入ってこない会社もあります。

会社の業績により判断されますが、他の企業では払えているのに類似の会社で払えないのは会社内での資金繰りがうまくいっていない証拠です。

会社の業績が急降下していない限りは普通くれますよね。

貰える所と貰えない所の差を比べてみてください。

働き方は対して変わりないはずです。

ってことはボーナスがないのは会社の将来性が宜しくないよ!と言っているようなもの。

ギリギリで経営している所はボーナス無し…なんて場合もあるんですよね。

私も過去にボーナスがない会社で働いていましたが、最初はそんなもんだと思っていました。

ところが、別の会社に転職したらボーナスが当たり前にあって、労働力も人間関係も普通に良好でした。

働きやすさにボーナスは結び付いていないってことですね。

ボーナスがあってもなくてもブラック。ならボーナスが確実にある会社に勤めるべきでしょう。

ボーナスで年間100万貰えるとしたら10年で1000万も貯蓄できます。

知らないと損しています。

給料が安い人。

給料が安くても今の生活が幸せ、今の生活に満足しているとか、

給料が安いけど、他人に感謝をされるのが生きがい、楽しい…とか

頭の良い人たちが複雑な仕組みをつくり、サービス精神の質はめちゃくちゃ高くする。

これこそ、日本昔からの伝統です。

金儲けのためではなく、お客さんから感謝をされることに喜びを分かち合うこと。

仕事は給料じゃない。お客さん第一に考えればいい!みたいな教育をされてしまうと永遠に社畜から抜け出せませんね。

(どこぞの有名な会社がこのような宗教じみたやり方で印象を悪くさせましたね…。)

 

給料安い→自分に能力がない、我慢料を貰う適した額と勘違いしてしまう。

じゃあ高給取りこそが給料に見合った大変さであるといえば、そんなことはありません。

もっともっとお金を稼いでいる人は仕組みを持っているから楽にお金が入ってきています。

中には旅行しながらとか、寝ながら稼いでいる人もいます。

これはあなたが知らないだけで実際にあり得る本当の話。

我々サラリーマンのように働いてお金を稼ぐとは全く別の思考です。

副業とかビジネスをやれば近い距離に行けるかもしれません。

 

頑張れば給料が上がると思っている。

これ、働く手段が会社にしか取り柄がないと、上記のような発想になってしまいます。

サラリーマンは会社に労働力を提供する対価としてお金をもらっています。

会社で仕事をするから、人生へのやりがいを感じたり、仕事をやってやった充実感が得られますが、

企業からすると、ギリギリの生活ができる賃金を渡せば十分と考えられており、その中で我々は必死に頑張っちゃうんですね。

100万売り上げがあって70万は会社の儲け、残りの30万はあなたの給料…

って例えれば、結構な額をピンはねされている感覚になりますよね。

資本ってのはそうゆうものです。

会社で頑張って働いた労力以上の額を会社は儲けているのですから、そりゃ当たりだよなーとなるわけです。

じゃなきゃ新しい設備に投資できませんからね。

 

だから頑張って真面目に働いて、上司の言われたように行動すれば自分も同じように給料が増えるし問題ないと錯覚してしまいます。

労働もひとつの洗脳ですからね。

ですが…もう頑張って働くような世の中ではないです。

今までは年功序列で、年数がたつにつれて役職を与えられたり昇給が見込めましたが、

今はどんなに努力をしても、年齢が上の方に労力を吸いとられます。

その吸いとられた労働力は上司の方に成果がいってしまい、上司が高い評価とされてしまいます。

また、年齢が若いほど我慢し続けなくてはならなくて、仮に仕事が出来たとしても、会社から評価されることはありません。

会社は固定給でせっせと働いてくれる都合の良い人材がほしいのであって、役員報酬を貰っているような人達は既にこのポジションから動かず、逃げきる姿勢でいるはずです。

 

年金も同じですよね。

若者が高い年金を払っているのに将来的には今より安い年金額が支給される。

世の中不公平じゃん!ってなりますよね。

お金の為に働いている人。

お金の為に働いている…ってみんなそうじゃないの?これが普通だと思ったら大間違いです。

会社で働く→ストレスが溜まる→ストレス解消のために休日はお金をたっぷり使う→この繰り返し。

これだとお金の為に働いてしまってお金も貯まらないし、永遠に働き続けます。

まるで織りのなかに入った状態ですね。

 

90%以上の人が社畜になってしまう理由。

ちょっと残酷ですが、日本は資本主義によって成り立っているので、資本のある人が有利になっています。

我々が学校で学んできた勉強力だけではどうしても資本に逆らえないので会社の下で働くしかありません。

非常に不利な状態からスタートしているってわけです。

なんのことをいっているのかわからない人もいますので説明します。

会社員になるまでの過程をサラリーマン養成所とも思っています。

なぜかというと、ほとんどの人達は学校で勉強していい成績を取っていい会社に勤めると言い回します。

あなたも言われたことはありませんか?

「学校を卒業したら働いてお金を稼ぐんだよ。」と。

「働いたお金で生活するために自立をしなさい。」みたいなね。

また、「最低三年働け」…この言葉も一度は聞いたことがあると思います。

この話を誰がいっているのかと言えば自分らの両親です。

または学校の先生。

あなたも口酸っぱいほど言われていると思います。

私らは一緒に生活していた親が会社員であるから、会社員の働き方しか教えてくれません。

だから社蓄ルートしか選択肢がないんです。

教わる人が雇われているなら当然雇われ方しか教えてくれません。

会社員になる方法

就職する方法

面接で合格する方法

専門学校にいく方法

保育士、介護師、調理師、栄養士、消防士、公務員、など専門的な職に就く方法

逆に経営者になる方法、独立する方法、税金の話、特にお金の話に関しては一切教えてくれなかったと思います。

もし一流の経営者と関わりがあって学生時代から教えてくれる環境が整っていたら…もしかすると会社員以外の働き方をしていたかもしれません。

 

【超重要】社畜の人が全く知らないこと。なぜ会社員では稼げない?

会社員では稼げないよ。

これは経営者本人がストレートに言うことばです。

本当は言わないかもしれませんが、心の中では絶対に思っています。

会社員だからこその安定じゃん。毎月お金が入るなら迷わずしてサラリーマン!!。

世間一般論で答えるなら、正しい言い方だと思います。

ですがよく考えてほしいです。

サラリーマンは固定の給料が保証されていますが、逆を言えば収入の限界値が設定されています。

サラリーマンの平均的な給料は200万~500万。

ずば抜けたエリートでさえの年収は1000万。

どんなに才能があって組織の中で優秀でも年収は1000万位で限界なんです。

おまけに優秀な営業マンでも1000万を越えていくのは珍しいこと。

会社で1億の売り上げを出しても、その数%くらいしかボーナスに加算されない。

その時点でサラリーマンやってらんねーよってなりません?

それだけじゃないです。

会社員として働いているとマーケットの感覚が小さくなります。

会社の中で勝ち負けを意識して、従業員の中でトップを目指す。

そのために仕事をしている風に見せたり、上の人に媚売ったり、出世するために這い上がる事を考えています。

もしくは新人をいじめて仕事のスキルを奪われないように縄張りを鍛えています。

上層部クラスで何年も働いていると、自然に偉くなった気分になります。

例え仕事の成長がなくても、会社に留まって仕事をした気になっていれば、安定した役員報酬がもらえます。

新しく入ってきた従業員にこきつかわせて、自分の仕事をぶん投げて、自分は楽に時間を過ごす。

サラリーマンのルートなんて大体こんなパターンですよね。

(また、例外ですが、良好な人間関係を保ち、誰からも慕われるような人が役職につくパターンもあります。が…この時点でゴールです。会社を効率よく回すという点ではそれ以上の給料は見込めません。高い給料が入るのは、精々インセンティブが入るような会社位でしょう。)

 

 

なので結局は会社内で競っているだけ。

社員が50人いるなら50人中何位に入れるか。

社員100人なら何位に入れるか。

シンプルにわかりますよね。

これじゃそもそも上がるわけがない…。

新人の頃は怒られていても我慢して給料を貰って、会社のルールに何十年も耐えてやっと管理職というステータスが貰える。

でも残業がつかない、固定の給料で長時間労働を強いられる。

こんな働き方でいるから日本は経済的な成長を逃し、アメリカや中国に大差をつけられてしまいました。

 

てな流れで長くなりましたが、サラリーマンというのは

会社の市場でしか競っていません。

会社で年収をあげることだけしか考えていないから。

上司の給料が20万ならあなたはもっと低くて手取り15万。

上司が20万であるなら会社で物凄い努力したって20万を越えることはないってわけです。

年収に期待していたら何十年かかるかわかりません。

大手企業の役員でさえ、いきなり高収入になることもなく、長年の実績や経験を積んだ上での評価額です。

それでも年収1000万クラスがデフォルト。

ホワイト企業でわりかし安定している会社でさえこの程度です。

あなた自身は高いと感じるかもしれませんが、

経営者からしてみれば、年間1000万の人件費を投下してそれ以上の売り上げを出しているってことです。

年間10億かもしれないし、それ以上の幅広さがあります。

決して高いとは思っていません。むしろ安いとさえ感じているはずです。

結局は会社の業績を上げたって一番の懐にはいるのは経営者です。

経営者という権力を持つものの下にサラリーマンがいます。

経営者と同じ給料が欲しいと言ったところで無理があるってわけですね。

脱社畜をして今より解放された人生を送る方法。

解決方法は簡単です。

自ら副業するなりビジネスをやるなり、今の働き方から少しずつ違う事をしていきます。

まずは会社の仕組みを知りましょう。

会社は何でボーナスしか大幅に上がるところがないのか理解しましょう。

その上で副業をして、個人でも稼げる能力を徐々に上げていくことです。

最近ではネットがあるので、自分でブログメディアを立ち上げて商品を売ればいいだけです。

何も特別難しいことやっていないし、情報にあることをただ、くそ真面目にやるだけで会社員より収入が増えます。

個人の時代というのが本当に近付いてきてて、年収億単位で稼ぐ若いYouTuberも現れたり、

ゲーム配信で月100万越えているプレイヤーや、自分をブランディングしてファンを集めてお金にかえるライブ配信サービスとか

過去に予想されていなかったような稼ぎかたが生まれています。

アフィリエイトだってそうなんですよね。

1日1万の商品が1つでも売れれば、月30万。

控えめに5000円の商品を月に40個とか売れればサラリーマンくらいのお金になってしまいます。

そこをどう考えるかですね。

副業には上限値がないので月30万しか貰えないってこともなく、じゃあ月100万位稼ぐかと決めれば月100万以上は狙えるのです。

自分単体で稼いだら世界が変わります。

サラリーマンに依存していたのに気付き、社畜だった頃の自分とは徐々におさらばできるようになるんです。

私も自分で稼ぐ経験をするまでは一生サラリーマンで働いてがんばると考えていました。

しかし副業やビジネスをするようになったらたった数年でおじさんクラスの給料以上に稼げるようになって、

あわよくば更に収入を増やそうと考えるようにまで成長しました。

おそらくあのまま三年とか5年同じ会社で真面目に働いていたら+1万とか2万とかしか上がっていないでしょう。

月1、2万位でモチベーションなんて上がるはずがありません。

私たちは老後の生活もしていかなくてはいけないのにこの賃金アップのベースはあまりにも不純です。

ブラック企業を退職する。

ブラック企業からは撤退するようにしていきましょう。

嫌々働いても続きませんし、従業員を安く濃き使うような会社は決していい環境ではありません。

私の当時働いていた会社は毎日罵声が聞こえて悪口のオンパレードでした。

その辛い中泣きながら耐えて仕事をするのですが給料も圧倒的に安い。

安いくせに給料泥棒とか給料以上の仕事をしろとか文句いってきます。

このような会社にいたら一生社畜なのでケリをつける必要があります。

 

個人で稼ぐスキルをみにつける。

会社から与えられた作業をするのではなく、自分が運営して与える側に回りましょう。

例えば専門的な知識を身につけて学習塾を運営するとか、占い師になるとか、何でもいいです。

自分一人で稼いでいるような物を作っていきましょう。

知り合いの方で、ジムでアルバイトをしながらパーソナルトレーナーの資格をとり、今度は自分が教える側として自らオンラインジムを立ち上げる…なんてこともやっていました。

とにかく個人で創作することです。

 

会社員より稼いでいる人に教わる。

会社に労働力を投資するのではなく自分の為に投資していきます。

自分より稼ぎのある人にお金を払って教えてもらう方法もあります。

最初に数十万払って先の将来に100万も200万も稼げる知識が入るようになれば、今後も一生消えることはありませんし、

一度身に付いた知識さえあれば、収入がゼロになっても再度這い上がることができます。

お金を稼ぐ知識は一生物のスキルですね。

年収1000万を越えてくる人達の殆どは自己投資を撤退しています。

自己投資をしていない人はみたことがありません。

収入の高い人達はみんな勉強しています。

考え方が既に違うので実際に話を聞いてみるのもいいですね。

 

ABOUT ME
ゆたほ
ゆたほ
2016年からネットビジネスに参入。アフィリエイト収益は月100万を突破。既に1000万以上の収益を出すことに成功しています。稼ぎ方、考え方、役立つことを発信します。 無料メルマガも読めます↓↓↓↓

月収100万円達成!無料のメールマガジンが読めます!

今なら無料メールマガジンが読めます!

田舎で育ち、大した学歴もコネもない。

家庭環境もよくないけど、学校では一切教わらないビジネスも、必死こいて頑張ったら以前より人生が楽になりました。

私は元々才能もセンスもあったわけではありませんが、

ネットを利用した新しい働き方で経済的にも楽になり、心にも余裕が出来るようになっています。

まさにbefore→afterな生き方です。

・PC、スマホで収入を増やしたい。

・真面目に働くのがもうおかしいと思っている。

・会社に頼らず個人で稼げるようになりたい。

理想通りの人生を目指していく為のメルマガを配信していきます。

貧乏時代からの経験や失敗。

0の状態からどうやって成功するようになったのか…。

ビジネスにおける役立つ内容も語っていきます。

私の考え方やマインドupについても。

 

私の無料メールマガジンはストーリー形式にて詳しく公開していますので是非読んでみてください…。

30万円分のノウハウもプレゼント中です!

 

メールアドレスを入力だけで見れるようになっています。

たったの10秒で登録終わります。必要なくなったら配信解除してもらっても大丈夫です。

↓↓↓↓↓↓

頑張る働き方はもう止めよう…無料メールマガジンを読んでみる↓