ポイントサイトで月1万以上稼ごう!人生がより豊かに。
ビジネス

孫正義 成功の秘訣、戦略を参考にすることでビジネススキルを養える

どうも!ゆたほです!

ビジネスマンであれば必ず知っているであろう孫正義さん。

この方の凄さといったらはんぱないんですよね。

この記事を見てもらうことで孫正義さんの成功している秘訣や、稼ぎ方、戦略を学ぶことができます。

成功をしている経営者からのノウハウを参考に情報をインプットさせて、次なる仕組みへと繋げていきましょう。

孫正義の生い立ちについて。どんな人?

毎年のように億万長者として名前が上がっている社長。

ソフトバンクの会社を経営しています。

しかし昔からお金持ちではなく、貧相な暮らしをしていました。

貧相といっても貧乏どころか、かなりギリギリの家計の中で生きていたようです。

普通の一軒家とかではなく一つの集落として暮らしていました。

なので、人権的にも住み心地の面では悪い方だったといえます。

今では成功している人でも昔の話をすれば大抵苦労していた話が多いですが、ソフトバンクの社長も似たような例です。

では話が戻りますが、父親がパチンコ経営が上手く波にのり、大繁盛するまでになります。

その後孫さん自身はアメリカへビジネスを学びにいく。

その学んだ内容とはコンピューターについてです。

ここから孫さんの本気のビジネスが始まったって訳ですね。

孫正義は何を勉強してきたのか?

上記で伝えたことの繰り返しになってしまいますが、海外でコンピューターについての知識を学んでいきました。

その後は学んだ内容を一気に活かして自動の翻訳機を売ります。

それが大ヒットして資金を大きく獲得→会社を作るまでに至っています。

ちなみに孫さんの勉強の量はチート並みに行っていたようです。

高校の生活を三週間ほどで終わりにして次の学校へといきます。

参考書や教科書を常に置いておいて、日常生活に入っている事柄に関係なくがむしゃら勉強していた様子です。

寝る間も惜しんで勉強したり、暇な時間は何がなんでも勉強に取り組んだり、通常ではあり得ないほどの勉強量だったようですね。

この流れを聴く感じでは相当の努力家だったんじゃないかなと。

勉強嫌いってこともなく、勉強のために生きているような感覚に近いと思いました。

当時は睡眠しっかりとっている仕組みではなかったので、勉強のスタイルとしては苦しかったかもしれません。

とにかくひたすら誰よりも勉強したからこそ成功に貢献したんでしょう。

一般人が睡眠時間を削ってまで勉強するとか大変なことあります。

仮に私が頑張ったとしても1時間2時間位したら集中力が、続かないようになりますからね。

って考えると孫さんの考え方は通常では真似できない、トップにふさわしい勉強の仕方だと思います。

実にビックリですね。

孫正義の年収がやばい

孫正義さんの年収は予想通りかと思うんですが、総収入として100億を越えているようです。

しかもびっくりするのが、その中での労働に対する収入は1億程度しか稼いでいません。

一般的に考えると可笑しい計算になるはずなのですが、孫さんは投資からの配当収入を受け取っています。

時間をお金に替えるのではなく、権利的な収入や、お金からお金を得ている状態ですね。

例で言うと、会社が育っていった株での利益です。

会社を成長させることで持ち株による株価も上昇していき、

我々サラリーマンが働いているような時給の仕組みからかけ離れた報酬を貰っているのです。

そんな風に考えると時間を切り売りするスタイルではサラリーマンは人生を選びにくいと言っているようなものですが…。

 

で、話戻しますがビジネスで成功した孫さんの総収入は3兆を越えているとなっています。

がしかし、実際にはもっと稼いでいると思います。あくまでも予想ですが…。

ここ最近での年収は93億ともいっています。

サラリーマンの生涯収入が3億だとするとその30倍をたったの一年で達成していることになります。

普通に考えてやばいですよね。

どれだけ孫さんがすごいことをしているのか、誰でもわかるかと思います。

年収で、次にトップとなるのはユニクロのファーストリテイリングの経営者だったり、

セサガミーHDの社長、カシオの社長とかなのですが、多少の変動があることは確かですね。

孫正義どんな事業に取り組んでいる?

過去に携帯通信、パソコン関連として、ソフトバンクを創業。

まさに日本の筆頭となる携帯会社を立ち上げ、ドコモやauと並ぶような売上高にまで育っていっています。

そして、米Yahooの出資や合併により作られたYahooJAPANも事業としては成功をして、

我々の生活の中でも必需ともいえる環境にまで育ちました。

そのほか通信事業も経営していたり、

通信に関連するベンチャー企業などの買収もしていたようです。

また、ソフトバンクバンクグループとしてと取り組みはネットだけでなく、証券、金融、といったお金に絡む事業やインフラにも介入。

更には球団も獲得するなどして、様々な取り組みを図っていたというのですから驚きです。

まさに多角化な経営戦略ですね。

一つの事業で何かあったときのリスクを軽減する考え方もそうですが、

ここんところは電子決済サービスにも参入しており、

新しい時代の流れを作っている方ともいえます。

孫さんは事業をで作った代金をまた再度別のところに投資を繰り返し、

挑戦して、成長した事業を後継者に引き渡すという戦略が見事に流れを作りだしています。

孫さんのお金に対する使い方。

普段の生活では決して豪遊はせず、洋服や食べ物にはお金をかけていません。

住む場所へは多額なお金を使っているようですが、家族がいるので、生活を基盤を作る上での考え方なのかなと思います。

恐らく住みやすく快適な生活を重視しているからとも取れる金銭感覚に近いでしょう。

家は狭すぎてもストレスたまりますし、毎日いるところなので、

住居にはしっかりお金を掛けるって感じでしょうかね。

食べ物に関しても高い和食とか洋食が好みなのではなく、中華料理系に関する食べ物を主流としているようです。

お酒やタバコも吸っていないのでわりと健康志向なのは間違いなさそうです。

成功するためのマインドについて

20代では実績を残し、名を上げ、儲かった資金を元手に次なる事業を作る。

30代では資金を沢山作り出して集めておく。貯めておく。

40代になったら数々の会社を買収したり、成長できそうなベンチャー企業の投資をしたり、とにかく新しいことに挑戦していく。

50代完成した事業を安定化。

60代で次なる後継者へと引き渡しをする

といった感じで多少aboutになっていますが、孫さんは19歳の時には50年の人生設計を掲げていました。

その目標と歴史が殆ど一致していることから、夢や理想を叶えるために一年足りとも努力をかかせなかったと思います。

実行に移すのは本当に大変ですからね。

口だけならなんとでも言えてしまうのですが、

会社で成功するとなれば生半可な気持ちや覚悟では決して成功しません。

むしろ孫正義さんだからできたのかもしれません。

ただ、会社員が嫌だから会社を立ち上げたい、好きなことを仕事にしたいから程度の理由では事業は成功できないはずです。

大学生の時に、他の誰よりも勉強をしていたとおっしゃっているので、

ライバルと戦っていく為には異常なまでの勉強量が必要ということです。

それだけではなく軍資金を大量に溜めて、次なるビジネスに挑戦することや、成長の見込める会社を買い取っていったり、提携をしていくのは当たり前になります。

経営者の力量を操作していくのみならず、成功するためにはナンバーワンを越える圧倒的なナンバーワンにならなくてはいけないこと。

中途半端がいけなく、一番にこだわること。

得意なジャンルをしっかり選定すること。

とにかく圧倒的な一番になれば利益も大きく取れるという話。

孫さんの精神力というか根性さが物凄いですね。

一時期は鬼勉強をしてきたのですから、相当な覚悟を持って取り組んでいることになります。

また別の件になりますが、孫正義さんが経営者になるきっかけとしてマクドナルドの社長との面会です。

その頃は学生だったにも関わらず電話は60回もしつこいくらいに掛け、断られても折れることなく行動をした訳です。

60回とか普通じゃ考えられません。

断られているはずなのにあり得んくらいのしつこさ。

こんな過去があったからこそ知れるのですが、恐らく行動力と思考が他人よりもずば抜けていると思います。

もし会社経営するのであれば、諦めない心や精神力を持つこともそうですが、

なにかをやり遂げる突破力が重要だと思っています。

要するに一度や二度の覚悟では少ないってこと。

用意周到に回れるような戦略も持っていないと頂点にはたてないってことですね。

孫正義のおすすめしたい書籍、本について

おすすめしたい本について

さすが長年の経営者なこともあり数々の本を出版しています。

どれもためになるものばかりで、全部読めとはいいませんが、これから就職する学生さんや、社会人、起業しようか考えているか人達にも是非インプットさせておきたいノウハウです。

ノウハウといえば、形だけで実行に移せるかどうかは別ですが、読んでおいて損はないと思います。

 

・孫正義300年王国への野望

孫正義のこれまでの人生経験や挫折、生き方が面白く描かれている本となっています。

我がにすがる想いで着々とビジネスを進めて、時には苦労や努力を重ねつつ、志の強さも改めて考えさせるような興味深さもあります。

元々仕事真面目人間だったこともあり、時間の使い方の加減や軸をずらすことなく行っている感覚です。

仕事に対しての意気込みが半端ないでしょう。

読みごたえも十分あり、これから色々ビジネスを学ぼうと考えている方にも一度読んでおいてほしい書籍。

 

・孫正義正伝、志を持った人の強さを知る

自己で発明した自動翻訳機の製造エピソード初期のビジネスを始めることのことについてツラツラと書かれています。

一番最初のスタートだと思うので、時代の流れを読むにも適切だと思います。

そこから自分ならどんなビジネスを始めていこうか…と予想してアウトプットの領域に活かすのもありです。

雑学というよりかは経営学についての話しをしている感じです。

個人的には胡散臭さが全くなくて、正当な誰からも必要もされる商品を作り出した印象が強いです。

よほど熱い人だったのかは、予想の範囲内でしかわかりませんが、

人生はそう何度もあるわけではないので一回に対して全力で生きていく覚悟も学べる気がします。

あくまでも自己流として。

 

 

・あんぽん孫正義伝

孫正義さんがトップに選ばれている理由が深々とわかるような書籍。

具体例もあげており、勉強することの必要性を大事にしていると思います。

自分が勉強できない理由を人のせいにするとかそんなことではなく、悔しさのあまり、悪い部分があっても自ら体制を立て直して挑戦していく姿が一番感動します。

学生の頃から勉強を一生懸命やるんですが、

普通の人の何倍も努力を作ってきたのだなとわかりやすくまとめられているようで読みやすいです。

否定的な文面もあるけど、一つのフェーズとして孫さんがどれだけ偉大な人なのかわかってくると思います。

 

 

・とんとんー孫正義物語

いわゆる伝記です。いくつものあるケースが波として襲ってきて、この重大なスケジュールをどのようにこなしていくのか孫さんのセンスがびっしり詰め込まれたようなお話です。

若干小説っぽいですが、話の流れに引き込まれるので読みやすくて良いと思います。

学生の方でも読みやすいです。

 

 

 

・ソフトバンクを占う2025年の世界

ネットがものすごい勢いで発展して、デジタル化における日本の文化はだいぶ変化していきました。

その先にあるAlなんかも今後仕事が取られてしまうケースとして例が出ています。

未来2025年はどのような時代になっていくのかを予測している本になります。

コンピューターの歴史を作り出した孫さんですので、実際に事業を拡大した実績者としての行動とシナリオに期待を抱く一方だといえます。

この先のソフトバンクの戦略やマーケット戦略、近未来のビジネスとしての動向などを学べるビジネス書となります。

LINEやYahooのことなど、独特な切り口で書かれているので、次なる発見として活用できるはずです。

 

孫正義の経営理念。

今の話ではなく近未来の話で生きることを伝えています。

情報が大量にあるなか、情報テクノロジーをどのように仕掛けて人々を幸せにしていけるのかを考えること。

100年後の時代には新しいことをしているのか、新たな姿として登場しているのか。

また、戦略は第一に捉えること。戦略、

戦略、戦略。

計画は優先順位の中では一番下。

計画はあくまでも実行ではなく、できるかもという予想でしかない。

確かに計画といっても実践する機会がなければ機会損失でもあります。

人間的なバイアスでいえば、今日は面倒だから明日にしようか…みたいな…。

今やらなくてもいい状況なら後回しにしても大丈夫な思考だと同じことの繰り返しとなってしまいます。

また、新規事業、プロジェクトを取り組むことに対して怖がってはいけないといいます。

資金が沢山あればそれだけ挑戦していくことは可能ですが、

事前にこれをすれば必ず上手くいくであろう根拠を立てておかないと、無駄に失敗してしまうという話です。

成功するために必要なスキルとは?

2010年頃にソフトバンクの30年後の経営理念について発表していましたが、その時の心境としては、

30年もの先を見据えている、構えている孫さんが素直にかっこいいと思ったのです。

通常なら30年も後のことなんて誰もわからないはずです。

未来のワクワクするような姿を描いているってことは、この後も成功する自身を持ち合わせているからでしょう。

孫さんのビジネス話から考えるべき事は我々も常に楽しみながら価値提供できることを考えなくてはなりません。

その為に、周囲の世界をよく知って現実的なビジネスを行うこと。

これがもし上手くいかないと悩むくらいだったら挑戦から逃げるのと同じです。

最近はブログもアフィリエイトもいろんなことを軸にしてチャレンジしてきましたが、

ビジネスって諦めちゃいけないんですよね。

常に戦いを意識しながらライバルに負けない強さを持つのが正義だと思います。

例え不況がきても、乗り越えられるような環境を複数持っていないと

ピンチになった時のリスクも管理出来なくなると思います。

そんな意味も込めて、早め早めに動いて「頑丈な自身」を身に付けていくことが時代に乗れる方法だと感じましたね。

あとは、勉強量、マインドアップ、目先のお金ではなく純資産について考えておくこと。

まとめ。

孫正義さんから学べるような事はいっぱいあるわけですが、重要なのは戦略やら勉強の量だと言っているのです。

リーダーになりたいのであれば経営、ビジョン、戦略、マインドなど項目が必須ですが、

我々が真似できるのは知ったビジネスからどれだけ近づけるかと言うことです。

全く同じ仕組みをパクることは不可能ですので、

参考までとして、これから先自分はどう変えていきたいか道筋を見つけるべきなんでしょうね。

ABOUT ME
ゆたほ
ゆたほ
2016年からネットビジネスに参入。アフィリエイト収益は月100万を突破。既に1000万以上の収益を出すことに成功しています。稼ぎ方、考え方、役立つことを発信します。 無料メルマガも読めます↓↓↓↓
月1万円以上稼ごう❗初心者におすすめのポイントサイト
ランキング1位 モッピー
累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!
東証一部の上場企業。安心してポイントが貯められる。貯まりやすさもテンポよく王道的なポイントサイト。
評価
運営会社 株式会社セレス
ポイントレート 1p→1円
最低換金 300円~

モッピー公式ページ

 

ランキング2位 ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ポイント還元率が高い。オンラインショッピング、通販との相性がかなり良い。有名なお小遣いサイト。買い物しながらポイントが貯まる。
評価
運営会社 株式会社オズビジョン
ポイントレート 1pt→1円
最低換金額 300円~

ハピタス公式ページ

ランキング3位 ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
東証マザーズの会社。とにかく安心、安全、お得がモットーのポイントサイト。20年以上の実績を誇る。会員ランク制度やお得なキャンペーンも目白押し。
評価
運営会社 株式会社GMOメディア
ポイントレート 20pt→1円
最低換金額 100円~

ポイントタウン公式ページ