ネット副業で月100万達成!ゆたほのメールマガジン

頑張る働き方はもうやめよう。ゆたほのメールマガジンでは貧乏時代から月収100万円に成り上がるまでのストーリーを無料で読むことができます。稼いでいる人の裏話とか、控えめにいって面白いメールマガジンとも言われています。

メールアドレス入力で読むことができます。

いつでも好きなタイミングで解除できますので必要に応じて購読下さい。

↓今なら30万相当のノウハウもプレゼント中です!↓

無料で読んでみる

働き方改革

低学歴で成功した人。高卒社長も多いから諦めなくてよい。

ゆたほです。

自分って低学歴なのにこの先どうやって収入を得ていけばいいのかわからない…

学歴が低くても事業に成功した人は存在するのか?

それなりに低い学歴でも成功している人の割合は何%くらいいるのか…とか?

低学歴成功者なんているのか…って疑問に思う方こそ役立つ記事となっています。

最初に結論を述べておきますと、例え優秀な学歴を持っておらずコネや経験が浅い人でも、成功する人は確実に存在しているってことです。

いわゆる成功者の大半はビジネスマンです。

自ら事業を行い生計を立てていくことで会社が育っていき、

小さな積み重ねでも最後には莫大な資産へとなるのです。

低学歴を理由に諦めるのはまだ早いです。

ちなみにわたしのプロフィールにも書いてあるように今の時代はネットさえ極めてしまえばお金を「簡単に稼げる時代」に突入しています。

わたしのメルマガでもブログやSNSを上手に活用した稼ぎ方の仕組みや、ビジネスマインドを学べますので興味ある方はご覧になって下さい。

 

低学歴こそ成り上がりなんて普通なこと。

低学歴な方こそいつの時代も関係ありません。

育ちや生まれ、何処の県に住んでいたとか、どこの学校に行っていて、どうやって過ごしたとか関連性は低いです。

確かに東大とか慶応とか有名な大学に在籍していた人の方が成功しやすいイメージかもしれません。

しかし実際は若くして権威者となっている人は、

若かったからこその武器を利用して、早く実現しています。

凡人から成り上がるなんて実はそこまでハードルが高くはないってことです。

低学歴でも成功している人は山のようにいる。

そんな中、学歴に関係ない成功例や低学歴から成り上がり~な方を紹介していきますね。

果たしてどうやって稼いできたのか…

ビジネスモデルの参考にできる部分を真似し、今後のスキルに役立ててみて下さい。

 

ZOZOTOWNの前沢社長

この方はかなり有名ですね。

少し長く書きますが、若くして早い段階で実績を出しているので役立つ内容は多いかと思います。

前沢社長は日本の実業家、起業家として数々のビジネスモデルを築き上げている凄い方です。

総資産は2000億を越えていると言われており、元々はCDの通販ビジネスをやっていました。

主に輸入レコードの販売をしており、海外からの輸入なので当時はかなり儲かったものだと想像ができますね。

その後は洋服通販会社スタートトゥデイとして株式会社を作り、洋服のファッションコーデのアプリwearをも運営していきます。

wearのアプリ見てみるとわかるんですが、かなりの化け物ですね。

ファッション用語のキーワードで検索すると大半がwearにたどり着く。

最新のトレンドやおしゃれに対する最前線の取り組みがなされているのか、見易いだけでなく日本全国のユーザーから圧倒的な支持も受けていますね。

印象としては人気女優との交際や遊び人とか、自由奔放なイメージを表に出していく感がみえますが、

ビジネスに関しては一般的な人より戦略的に考えているはずです、

生半可な挑戦では勝てない精神的なメンタルが保たれていると思います。

その証拠にTwitterなんかはインフルエンサー的な書き込みで世間を圧倒していますね。

過去には現金のプレゼント企画を行い多くの人にお金を寄付して喜びや価値観を味わってもらう…など、

シンプルに面白いやり方だと思いましたね。

前沢社長はブランディングにしっかり特化させて異次元の発想能力、常に進化しつつアイデアを豊富に取り込んでいっています。

そうした中でも大きく成功したのは、ファッションジャンルのネット通販です。

ブランド出店中の売り上げの所に含まれる受託手数料で30%ほどの儲けを出しています。

要するに洋服を買い取らず、委託という形で行っていますので、何しろ在庫リスクが全然ない。

また、この手数料率が高いのでネットという広い空間に入り込みながらも、

継続した収益を確保できたって訳です。

もっと簡単にいうとネットビジネスをして成功した意味になります。

そして会社を大きくしたあとに自社株を売ることで普通のサラリーマンでは得られないような利益を貰ったことになります。

 

また、税金もかなり取られているとおもうんですが、自社株の配当金も一緒に入ってきているのです。

この時点で凄腕の成功者なのですが、ジェット機買ったり、絵を買ったりと共感を狙い多くのフォロワーを獲得する方法も上手ですよね。

学歴も大学院のような自慢できるようなものではなく、

高校を卒業してから様々なライフスタイルを経験して今の資産になっています。

前沢社長いわく、貯金なんてするな。

お金をどんどん回して使えといっているんですが、現実に惑わされず最初は余剰資金のある状態でビジネスを始めるべきだと感じます。

ですが、前沢社長のお金に対する考え方も実に興味深いと思いましたね。

年収35億あっても貯金にはする予定はない。

子供の頃から貯金する癖はなかったようで、お金の心配の為に貯金はしないし有り金全てをぶっこんでいるとも言われています。

心配性の人からするとあり得ないんですが…

例えるとお金を大量に使用する

→普段ではてに入らないような体験、物を得られる

人に投資する→人から大きく得られるものを体感する

→同じことの繰り返し→収入がぐんぐん伸びていくって考えのようです。

お金のあるものを有効活用しないことには意味が全くないのと、

お金をタンスに預金していても効果が得られるものも得られない…。

そういった相対的な感覚に等しいと思います。

お金をどこにどのような使い道をすればいいのか…正解は1つではないと思いますが、

必要としている人にお金を渡し感謝してもらい後で何倍にもリターンを得る…な仕組みだと思いますね。

皆さんであれば高校卒業してからの時間の考え方はどう描いていきますでしょうか?…

仮にネットビジネスを一年でも早く始めていたら…と考えれば前沢社長がいかに決断力が素早く、遂行しているんだなと。

やはりこんだけの実績をあげてきたので優先する時間の配分や、稼ぎ方への戦略、あるいは行動力の高さが突出していると考えられますね。

前沢社長のようにバリバリビジネスモデルを真似しなくてもいいと思いますが、

ECを使ったサイトや、ファッションに関するジャンルは末永く稼いでもらえるノウハウとして捉えるべきですね。

洋服って生活必需品で、最近ではブランドの服を着なくても大丈夫な若者が増えてきました。

値段にとらわれずファストファッションだけで済ませてしまう風潮がブランドの価値を下げてしまう…。

しかし服を売らずに受託手数料で儲けるって発想はなかなか思い付かないし、

ワクワクすることを念頭に仕込んでいくのは実に賢いと思いました。

また、前沢社長の幼少時代は

ビックリマンチョコを買う→当たったレアを友達にあげる→注目を浴びる

少ないバイト代からレコードを買う→そこからレコードの商品を知り他人に売る→商売の流れを掴む→会社経営

のような順番を辿ってきたようです。

前沢社長も過去にいろんな経験を経由してから起業しているので、

全く同じパクりモデル作らなくてもアイデア一つで誰でも成功するチャンスは産み出せるものなのだなと感じますね…。

 

ライザップ社長 瀬戸さん

あれよあれよというまに株式の推移が激しかったライザップ株式会社。

この社長となる瀬戸さんはパーソナルジムをメインとした筋トレビジネスになります。

その他、美容品や健康通販に広告を打って多くの売り上げを叩き出したこともあるようです。。

しかも24才という一番若い状態で起業をしたので、その行動力や決断力は相応しいものにあたるでしょう。

年間100億の売り上げを達成したり、株価の方も過去から遡ると、20倍以上にまで高騰しました。

 

筋トレして痩せていく人をサポートさせる

ライザップのパーソナルジム。

年会費が高額なのにも関わらずダイエット成功した人の実績も多かったり、

目立ってきているところで芸能人を起用してCMに登場。

インパクトを与えたり、実際に痩せた実績を大量に作り有名にもなりました。

その他2003年に創業した健康食品の売り上げもかなり大きく事業としての貢献度合いも高かったと思います。

お腹がいっぱいになるを利用して開発されたダイエットクッキーが大量に売れた時期もあったそうです。

収益に波があるので必ずしも参考になるとは限りませんが、

通常では考えられない位のバズを打ったと思います。

健康食品のジャンルはリピーターも多く、参入壁も比較的低いこと。

また、女性をターゲットにしているのと悩み解決の為にもなるので、

ビジネスモデルとしては妥当だったと思いますね。

健康食品なんて毎年ものすごい量の新製品が登場したり改良されて世に出されていきます。

当然ライバル会社も多いと思うのですが、

その荒波の中で利益を出したので、経営戦略としては十分すぎるくらいの能力だと思います。

そして経歴として高校時代は成績が最下位レベルだったようで、それに対してネガティブに考えなかったのはあんまり気にしない性格だったのかもしれませんね。

このメンタルが逆に強みだったりするはずです…。

Supar社長清水彩子さん

アパレルブランドの起業をして成功した女性社長です。

年商は10億達成している実力派の方です。

最初はコンビニ店員としてフリーターしながら働いていたそうなので、

あまりにもギャップが強く印象に残っていきます。

メインとなるのはギャバ嬢が使う専用のドレスや、パーティーに使われるようなドレス全般です。

こちらの生産を行い販売に手掛け大量の利益を得たって訳ですね。

ギャバ嬢のドレスって調べてみるとかなりの高額です。

なので利益率も高く、夜の街がなくならない限りは一生売れているジャンルですね。

おまけに利益が出しやすいファッションのジャンルなので、丁度利に叶っていると思いました。

昔はコンビニで働いていてお弁当を暖めたり接客をしたりする毎日があった訳です。

頑張って働いているのにも関わらず月10万円程度の収入に疑問をもって、

今より何か稼ぐ方法はないのか…

と別の信念をもって動いたのだと考えられます。

そしてドレスがネットオークションで売れるのをきっかけに問屋に、声をかけるのですが、当時は全く相手にされなかったようです。

問屋からすれば若い素人女性として見ているはずなので当然といえば当然…。

ちょっと差別にも聞こえるんですがビジネスというのはそんな甘いものではやれないですよね。

そこで店舗を構えて、苦労を重ねつつ現在は年商10億を越える社長となったそうです。

他にも人気モデルに商品を提供して宣伝してもらったり、代わりにブランドモデルとしてプロデュースしたり…様々な戦略をとっているようですね…。

更に今はカラコンのネット通販もやっているそうです。

色んな事業を見つけてやってみてを繰り返すところが実業家らしくてかっこいいですね。

売り上げについては事細かくわかりませんが、きっかけはオークションでの馬鹿売れだったのでしょう。

商品がネットで簡単に売れると知ってしまえば次に動くところは定まってしまいますからね…。

まとめるとパーティードレスやギャバ嬢に提供しているドレス、カラコンの通販などで収益を上げている仕組みになっています。

Gmoの社長。熊谷正寿さん

この社長さんもすごいですよ。

元は高校を中退して学歴は中卒の状態から企業。

親が経営者だったのも影響されているのか、現在では経営者として活躍中。

28才という若い頃に独立。

年商1000億という大化け企業に進化しています。

20歳の頃には既に結婚していて子供もいるようです。

最初は苦労話が耐えないようでしたね。

自分は若い頃低賃金で、誰よりも時間的拘束が長い。

しかも親の後継として大変な働き方をしているのに、周囲では遊びにバイトに楽しそうに過ごしている姿に悔しさも抱いたといいます…。

そこで夢を、叶えるために、自分でノートに書き込んだりして夢のリストを作りました。

未来のため、成功するために目標を掲げたことを忠実に実行に移し、行動に移していった結果、早い段階で起業をしたと言われています。

28歳の若さなのでかなり苦労してきたと思います。

18歳から決断したとしても10年かかっています。

過去にどのくらいの苦しみや絶望、挫折を繰り返してきたのかはなんとなく想像つくと思います。

GMO社長いわく、最初は命を削ってでも労働を繰り返すが、徐々に時間的感覚を理解するようになり別の道をしるようになるとか…。

また、お金だけに執着していたら事業を拡大してこれなかった。

周りの人を喜ばせたり笑顔になれるような仕事をするようになれば賛同する方も増えて会社も大きくなっていく…。

GMOの会社はかなりパフォーマンスがデカイですね。

なんといっても年商1000億。

主な事業はインフラ、ネット広告、メディア、金融、投資、仮想通貨など。

サービスはアプリを出したり、クーポンやポイントに関すること、投資関連ならかぶの取引や、FX、オプションとかですね。

他にもスマホ向けゲームやオンラインゲーム事業にも携わっているようです。

要するにネット内の何でも屋さんに近い気がします。

この会社の凄いところは強味がありすぎるんですよね。

常に新しい環境に挑戦していて、決済のインフラに近いところにいる会社なので業績も上に上がっていく。

業績も好調、ストック型のビジネスモデルなので、いきなり倒産の心配性がない。

なにしろクレジットカードという絶対に必要なインフラ部分を攻めているので負けなしだと思います。

こうした戦略を持っている会社が上場しているから、学歴なんて本当に関係ないんだなと思わせてくれます。

GMOペイメントは成長力や将来性の期待値がやばいです。

特に何回もいっていますが、クレジットカード決済サービスに介入しているってことは今後キャッシュレス決済に関連するものすべてに関わっていきます。

しかも一度導入されたら解約なんて普通はありません。

なのでどんどんストックされ収益が伸びていく仕組みです。

会社の未来は明るすぎますね…。

わたしのプロフィールからもわかるんですが、同様にストック型のビジネスをしています。

主にブログを使っているんですが、初期費用が少なくてすむのが強味だったりしますね。

学歴って実は関係ない?

日本では学歴社会の印象はまだまだ強そうにみえますが、

消費税増税や、少子高齢化によって東大に入る努力だけで収入を増やしていくのは難しい時代になっていると思います。

年々大学に入るための教育費もばかにならないような高い水準ですし、

ここまで高いコストをかけても大企業に入れなかったり、

フリーターとして活動することになったり、自分の描いているような働き方に巡り会えなかったりします。

しかもサラリーマンの年収は下がりつづけているし、45歳になったら急なリストラや早期退職もあるので、

もしかすると学歴が大事なのではなく、自分の人生に対して未来が見えているのか?

10年後どのくらい稼げるようになっているのか把握できるスキルが大事じゃないかと…。

利益を増大させるなら会社に雇われているより商売をするのが最も早いと考えられるはずです。

世間でいう高学歴でなF大卒の方でも経営者は沢山います。

中には昔沢山遊んでいたけど今経営者のような人生グレードアップしすぎた人達もわんさかいたりもします。

そんな風に考えると学歴を人くくりにしなくてもいいのではないか…と考えるのです。

起業家でも高卒からの成り上がりは多い。

資格をもっているより資格がないのに結果を出せてしまう人と一緒で何事も結果を出せる人であれば学歴という概念に構う必要はありません。

低学歴だから関わりたくないとか、低学歴なので、稼ぎにくいとか、そんなの本心でしかありません。

結局は実力のある人が勝つからです。

起業や、個人で稼げるようになってしまえば、成果主義だったりインセンティブによる報酬なので収入の限界値が発生しないのです。

事業に成功したら収入は青天井だし数年後にはサラリーマンを遥かに越える資産になる…と将来が見えてしまうのです。

しかも世の中の多くの人は会社で働くしか手段を知っていないので稼ぐところの道筋は出世か、バイトの掛け持ち、それか経営者になりたくてもなれないで諦めている人たちが圧倒的だと思います。

だから平均的にみて起業は失敗するかもわからない…いい大学に入って安定した収入をと考えるのです。

更にはお金持ちに対して、才能があってずば抜けた天才じゃないと無理…と思ってしまうようです。

これが一番の勘違いで頭の良さと学歴とお金って関係性が低いと思うんですよね。

大学にいくのも雇われている先生から教わりますし既に勉強する為の教科書の内容は共通して同じです。

同じ年代の人達が同じように学んできたので年収も同じになるのは当然のことです。

ネットを利用して成功している人達は中卒でも大卒でも全員が最初からのスタートです。

中卒でも起業しちゃっている人達がいるってことは最も皆が学ぶ勉強とは違うことを学び知っているからです。

なので学歴が大事ってよりは今あるお金をどうやって動かしていくのか…

日本は資本主義ですのでお金を支払っている人達がどんな人なのか調べればすぐに正解にたどり着けると思います。

学歴はあくまでも選択肢を広げて収入をあげる確率をupさせることであり、サラリーマンの何十倍の稼ぎを学ぶところではありせん。

やり手な方であれば社員に働いて貰う仕組みを作り、人材育成を行い自分が働いていなくても勝手に収入になる仕組みを構築しています。

そうなったときに学歴が中卒とか高卒とか大卒は関係ありません。

実際に経営している中卒の方がかなりいますので現実的だと思います。

ガチのガチで言わせてもらうんですが、学歴が必要だと考えられていたのはネットが、発達する前…今ではどうでしょうか?

ネットの通販も自分で持てる、メルカリで出品販売ができる、アフィリエイトで個人で広告収入を得られる、YouTuberで動画を配信すれば広告収入、企業からの案件をもらえる、インスタグラマーでフォロワー数に応じて宣伝料がもらえる…選択肢は昔と比べて確実に広くなったと思います。

既に学歴だけではむりと言われているので詳しくいうまでもありませんね…。

ネットの発達により誰でも成功者になりやすい環境になった。

中学生でも高校生でも大学生でも社会人でも今求められているスキルはITスキル一択です。

なので、低学歴でも経営者になれる可能性はありますし、学歴が全くなくても成功する確率は十分に整っています。

起業家に高卒が多く存在したり、中卒でも成功者として成り上がっている人は稼ぐ場所を知っているからです。

もし稼ぐための仕組みを知らなければ頭がよくて勉強出来たとしても、大きな収入を得るのは難しいでしょう。

なのでIT一択。もうこれしかないと断言しておきましょう。

最速でお金を稼ぎたい、経済的にも楽に遊んで暮らしていきたいなら迷わずIT関係のスキルを惜しみ無く学ぶことです。

一般的でいう英語とか、専門的な資格とか、そういった勉強をして就職するのもありっちゃありなんですが、

もう飽和しているんですよね。

美容師とか、介護、保育士、看護師とか、一定の給料は貰えるんですけど、10年後どのくらい昇給するか想像してみてください。

全然上がらないと思います。

そのあとにITジャンル、ネットでお金を稼げるようになった時のことをイメージしてください…。

恐らく収入に限界はないと思います。

むしろ青天井。

YouTuberがいい例ですよね、

最近では若い人がメルカリで商売感覚を養っていったり、ブログやYouTubeで広告収入を得たり…。

一昔前だったらびっくりしますが、もうびっくりするような話ではありません。

上で紹介しているような成功者の方も必ずITの道を通っています。

というかIT一本ですね。

それ以外利益率の低い事業はやっていないことでしょう。

この先沢山儲けたいならストック型を取り入れたITビジネスをやりましょう。

年々ネットのライバルは増えていく傾向です。

なぜなら若年層がどんどん参入していき結果を出すからです。

年齢が低い時からスマホを持たされるのでITのスキルが一気に伸び、情報リテラシーが高くなります。

もはや大人顔負けです。

そうならない為にもこの環境に気づいた方は今日からでもいいのでネットに関する知識を身に付けるようにしてください…。

月収100万円達成!無料のメールマガジンが読めます!

今なら無料メールマガジンが読めます!

田舎で育ち、大した学歴もコネもない。

家庭環境もよくないけど、学校では一切教わらないビジネスも、必死こいて頑張ったら以前より人生が楽になりました。

私は元々才能もセンスもあったわけではありませんが、 ネットを利用した新しい働き方で経済的にも楽になり、心にも余裕が出来るようになっています。

まさにbefore→afterな生き方です。

貧乏時代からの経験や失敗。

0の状態からどうやって成功するようになったのか…。

私の無料メールマガジンはストーリー形式にて詳しく公開していますので是非読んでみてください…。

メールアドレスを入力だけで見れるようになっています。↓↓↓↓↓↓

頑張る働き方はもう止めよう…無料メールマガジンを読んでみる↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ゆたほ
ゆたほ
2016年からネットビジネスに参入。アフィリエイト収益は月100万を突破。既に1000万以上の収益を出すことに成功しています。稼ぎ方、考え方、役立つことを発信します。 無料メルマガも読めます↓↓↓↓

月収100万円達成!無料のメールマガジンが読めます!

今なら無料メールマガジンが読めます!

田舎で育ち、大した学歴もコネもない。

家庭環境もよくないけど、学校では一切教わらないビジネスも、必死こいて頑張ったら以前より人生が楽になりました。

私は元々才能もセンスもあったわけではありませんが、

ネットを利用した新しい働き方で経済的にも楽になり、心にも余裕が出来るようになっています。

まさにbefore→afterな生き方です。

・PC、スマホで収入を増やしたい。

・真面目に働くのがもうおかしいと思っている。

・会社に頼らず個人で稼げるようになりたい。

理想通りの人生を目指していく為のメルマガを配信していきます。

貧乏時代からの経験や失敗。

0の状態からどうやって成功するようになったのか…。

ビジネスにおける役立つ内容も語っていきます。

私の考え方やマインドupについても。

 

私の無料メールマガジンはストーリー形式にて詳しく公開していますので是非読んでみてください…。

30万円分のノウハウもプレゼント中です!

 

メールアドレスを入力だけで見れるようになっています。

たったの10秒で登録終わります。必要なくなったら配信解除してもらっても大丈夫です。

↓↓↓↓↓↓

頑張る働き方はもう止めよう…無料メールマガジンを読んでみる↓